BRUSH CARE [ブラシのお手入れ]

抜け毛、古い頭皮や皮脂などが長期間ブラシ上に留まると、ヘアブラシ本来の効果を発揮できません。
メイソンピアソンのヘアブラシを長くお使い頂くには、定期的なお手入れをお勧め致します。
お手入れには、メイソンピアソン専用クリーニングブラシ、または市販のくし・歯ブラシ等をご使用ください。
ブラシをより一層長持ちさせるためにドライクリーニングはできるだけ頻繁に行い、水洗いは適度な間隔をあけて行ってください。

※印刷してご利用される場合はこちら(PDF) ドライクリーニング   水洗いでの洗い方

ドライクリーニング

>>1 
専用クリーニングブラシ、または市販のくし・歯ブラシ等を ご用意ください。
絡み付いている髪の毛を緩めるように徐々にほぐしてください。

>>2 
ブラシを回しながら全体にくしを入れ、絡み付いた抜け毛などを取り除きます。
そのまま、パッドの端から逆端までこすり合わせるように合わせて動かします。

>>3 
再び対角線を描くように噛み合わせ、こすり合わせます。

水洗い

>>1 
ぬるま湯でシャンプーを溶かし、泡立ててから専用クリーニングブラシ、
または用意した市販のくし・歯ブラシ等を浸します。

>>2 
ヘアーブラシを先端の穴を真下に向けた状態で
付属ブラシで擦るようにして汚れを落とします。

>>3 
メイソンピアソン専用クリーニングブラシ、または用意した市販のくし・
歯ブラシ等を水ですすいだもので、ブラシについたシャンプーを落とします。

>>4 
タオルなどは使わずに、振るなどして水気を切ってから
ブラシを逆さにして陰干しし、室内で自然乾燥して下さい。

<水洗い時の注意>
※ 必ずぬるま湯をお使いください。高温のお湯はブラシを傷めます。
※ 乾燥時、タオル等で水気を切ることは絶対にお避けください。ドライヤーなど乾燥用機器のご使用もお控えください。
※ 過度の水洗いはブラシの毛質を劣化させる危険がありますので、洗いすぎにはご注意ください。

使用上のご注意

  1. 収納の際には、ほこりと日光を遮断できる箱や引き出しに、毛先を上向きに寝かせた状態で、保存してください。
    ※直射日光の当たる場所に長時間放置することはお避けください。高温や紫外線はハンドル部分やゴムを傷める原因となります。
  2. ブラシを傷める原因になりますので、ムース、ヘアクリーム等整髪料を使わずにブラッシングして下さい。
  3. 柄の表面に、エナメルリムーバー、シンナー、アルコール入りの洗剤など揮発性の高い化学薬品をこぼさないようご注意ください。
  4. ヘアドライヤーの熱風を長時間当て続けないでください。
  5. 先端の穴は閉じないでください。
  6. 強い薬剤などに触れてしまった場合や、長時間水気のあるところに置いておくと色素が沈着してしまう事が御座います。同様に、ヘアブラシに色が移ってしまう事もございますのでご注意下さい。